伝える力で、社会を支える Tsutomu Ohori

総合職

岳南ホールディングス 企業戦略部
森本 悠人

2016年入社。経理業務を担当し、月次決算や四半期決算を中心に経理の基礎を学ぶ日々。

総合職
岳南ホールディングス 企業戦略部
森本 悠人

2016年入社。経理業務を担当し、月次決算や四半期決算を中心に経理の基礎を学ぶ日々。

求めていたのは、成長できる環境。

物心がついたころから野球少年でした。中学から所属したクラブチームには、すでに身長が180センチを越えるような選手もいて、体格や技術面で劣っていた私は、どんなプレースタイルが求められるかを常に意識し、それに向けて誰よりも練習をしていました。そして2軍でなんとか結果を出し、ついに1軍の遠征メンバーに選ばれました。ところが不覚にも怪我をして辞退することに…。その後は2度とレギュラーメンバーにはなれませんでした。チャンスを逃してしまい残念な結果になりましたが、野球は私に何事も積み重ねが大切だということを教えてくれました。そうした経験を糧に、大学ではスポーツをビジネスの視点から学び、マーケティングにも興味を持つようになり、将来は数字を扱う仕事に就きたいと考えるようになりました。就職活動で重要視したのは、自分が成長できる環境であること。もはや終身雇用が絶対ではない現代において、どのような状況でも生き残っていくには、個人としてどれほど能力を備えているかが問われます。岳南ホールディングスを選んだ最大の決め手は、経営層と近い距離で仕事ができること。経営戦略や事業のあり方などを身近で聞く機会が多ければ多いほど、自分の成長スピードも高められると考え、入社を決意しました。

求めていたのは、
成長できる環境。

貴重な経験を若手の内から。

入社後は経理業務を担当しています。銀行の入出金管理や月次決算を中心に、経理の基礎的な知識を学び、入社1年ちょっとでも決算の仕事を任せてもらえるなんて普通の会社ではなかなかできないことだと思います。最近では、ホールディングスだけでなく岳南グループ各社の決算書類のチェックなども少しずつ始めています。グループ会社のそれぞれのビジネスをもっと深く理解できるようになれば、持ち株会社であるホールディングスの経理として、さらに向上していけるとも考えるようになりました。ここにいれば会社の経営層がどういう意思決定をしているかということを肌で感じ取れます。こうした環境で働けることは、自分にとってはまたとないチャンスと思われるので、絶対に逃すわけにはいきません。そして、毎日を無駄にすることなく着実に自分の成長につなげていこうと思います。

貴重な経験を若手の内から。

努力に勝る天才なし。

私にとっての目標は、自分にしかできない仕事を見つけ、それに情熱を注ぐこと。イメージしているのは、数字を読み解いてそこから価値を生み出せるような人間になることです。上司には「経理の仕事だったら、どこへ行っても通用するくらいの人材になってほしい」と言われているので、まずはそこが第一の目標です。仕事を進める上では必ず数的根拠を持って自分の意見を提案できるようになりたいです。そして、いずれはホールディングスだけでなくグループ全体をしっかり動かせるような人材になりたいですね。まだまだ全体を俯瞰的に見るということができていませんが、今は計画を立て小さな経験をコツコツと積み上げていくことで、尊敬する先輩のように、広い視野を持ち高い視点に立てる日がきっと来ると思うのです。努力に勝る天才はなし。この信条を胸に、これからも全力で仕事に取り組んでいくつもりです。

努力に勝る天才なし。

Message

私のように入社して間もない社員でも経営層の想いや考え方にじかに触れることができるのは、それだけ社内の風通しがいいということ。それが、この会社にチームとしての一体感を醸し出しています。お互いに切磋琢磨して成長していきたいという人にこそ、この会社をお薦めしたいですね。

総合職

岳南ホールディングス
企業戦略部
小暮 良幸
2006年入社

総合職

岳南ホールディングス
企業戦略部
森本 悠人
2016年入社

技術職

岳南建設
仙台支店
大堀 勉
1995年入社

技術職

中央送電工事
工事部
小田 智志
2010年入社

技術職

岳南建設(静岡岳南)
工事部
内田 浩二
2008年入社

技術職

丸電工業
工事部
鈴木 健一
2001年入社

営業職

岳南ホールディングス
不動産仲介事業部
佐野 愼悟
2014年入社

営業職

ジー・ネックス
ゴルフパートナー 名岐バイパス一宮店店長
森 竜太
2012年入社

ENTRY