伝える力で、社会を支える Tsutomu Ohori

総合職

岳南ホールディングス 企業戦略部
小暮 良幸

2006年入社。総務部に配属となり、人事や労務管理などにも幅広く携わる。その経験を活かし、岳南グループ全体の経営戦略策定にあたっている。

課長
岳南ホールディングス 企業戦略部
小暮 良幸

2008年入社。総務部に配属となり、人事や労務管理などにも幅広く携わる。その経験を活かし、岳南グループ全体の経営戦略策定にあたっている。

安全で快適な日常生活環境の創造。

私たち岳南グループは、送電線建設事業を99年続けている岳南建設が母体となって、その他の建設業、IT関連企業、不動産仲介業、小売業などさまざまな事業を展開している企業グループです。「エネルギーマネジメント分野」「ストックマネジメント分野」「その他の分野」の3つの事業ドメインでビジネスを展開する中で、われわれ岳南グループが共通して目指しているのは、「安全で快適な日常生活環境の創造」です。岳南建設の創業から100年近くにわたって培ってきた施工力・技術力・安全への配慮を踏襲しながら、さらに幅広い領域で人々の生活になくてはならない存在となるために、たとえば住みやすく安全で快適な住宅の建築や、お客様が安心して働けるビジネス空間の構築、日々の暮らしに豊かさをもたらす高品質なサービスの提供などを実現しています。

安全で快適な
日常生活環境の創造。

本業と新事業、その両輪をサポート。

岳南ホールディングスは持株会社という立場でグループ全体を見渡しながら、「安全で快適な日常生活環境の創造」を実現するために経営資源(人材、設備、資金、情報)をコントロールし、岳南グループだからこそ発揮できる総合力のさらなる向上を目指しています。それにはまず経営の安定そして成長が欠かせません。過去、本業としてビジネスの中核を担う送電線建設事業は、景気低迷に伴う電力消費量の減少や平成7年の電気事業法改正による電力自由化などの影響で、業績が大きく変動する潜在的なリスクがありました。そこで、こうしたリスクをコントロールするという観点から事業ポートフォリオの最適化を目指し、電力会社との信頼関係を強化するべく本業の深耕に努めるとともに、一方で新規事業やM&A(企業買収)によって幅広い分野で新事業の開拓を精力的に進めています。これら本業の深耕と新事業の開拓、その両輪をサポートし、グループを安定・発展させるのが岳南ホールディングスの重要な仕事です。安定した収益を生み出す分野と新たな成長が見込まれる分野のどちらにも目配りをしながら、岳南グループとしてあるべき姿を模索し、次の100年に向けて道を切り開いていきます。

本業と新事業、
その両輪をサポート。

人手不足の解決が、喫緊の課題。

安全で快適な日常生活環境を実現し維持していくためには、たとえば全国で24万基ある送電線の鉄塔の建て替えや保守工事をこれからも滞りなく続けていかなければなりません。岳南グループには、その使命があります。これまで現場を支えてきたベテランと呼ばれる世代が引退し、今後さらに業界の人手不足が深刻化していくような状況では、もしかしたら普通に電気があるという生活を人々に届け続けることがむずかしくなってしまうかもしれません。そうならないためには人手不足の解決が喫緊の課題ですから、岳南グループでは採用や人材育成、技術継承に力を注いでいるところです。さらに、こうした課題の解決はエネルギーマネジメントの分野に限らず、今後あらゆる分野で必要とされるようになるでしょう。挑戦への意欲を持つ多くの人たちが、われわれ岳南グループに新たな戦力として加わってくれることを期待しています。

人手不足の解決が、
喫緊の課題。

Message

岳南ホールディングスは、経営資源(人材・設備・資金・情報)をコントロールし、グループ全体の経営を最適化する部門です。というと、なんだかむずかしそうな仕事に見えますが、私自身も大学で経営学を専攻したわけではなく、任された仕事を経験しながら少しずつ専門性を高め、経営全体に目配りできるような視野を培ってきたのです。「よくわからないけど楽しそうだな」という好奇心があれば大丈夫。優しい先輩社員が丁寧にサポートするので安心して挑戦してください。

総合職

岳南ホールディングス
企業戦略部
小暮 良幸
2006年入社

総合職

岳南ホールディングス
企業戦略部
森本 悠人
2016年入社

技術職

岳南建設
仙台支店
大堀 勉
1995年入社

技術職

中央送電工事
工事部
小田 智志
2010年入社

技術職

岳南建設(静岡岳南)
工事部
内田 浩二
2008年入社

技術職

丸電工業
工事部
鈴木 健一
2001年入社

営業職

岳南ホールディングス
不動産仲介事業部
佐野 愼悟
2014年入社

営業職

ジー・ネックス
ゴルフパートナー 名岐バイパス一宮店店長
森 竜太
2012年入社

ENTRY